訪問介護とは…

訪問介護事業所のヘルパーが、皆様のご自宅に訪問し、住み慣れた自宅にて身体介護や生活援助などの、日常生活をサポートするサービスです。

訪問介護はこんな時に!!

①自宅での着替えや入浴などを介助してほしいとき。

②家事を手伝ってほしいとき。

③出来るだけ自宅で介護したいけど、自分達だけでは難しいとき。

どんな方が利用可能?

要介護(1~5)と認定された方となります。 ※要介護(1~2)の方の場合は、介護予防訪問介護にてサービスを利用可能です。 また、当社では認定をうけていない方でも、ライフサポート事業は利用可能です。お気軽にご相談下さい。

サービスをご利用される方法について

まずは担当のケアマネージャーさんや市町村の担当課、地域包括支援センターに現状困っている事を伝え、 訪問介護の利用を検討してもらいましょう。 分からない場合は、直接当社へお問い合わせいただいても大丈夫です。

各種サービス費用について

介護度により変動いたします。 まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

基本的には1割負担

要介護認定を受けた方が介護保険サービスを利用すると、介護事業者には「介護報酬」が支払われます。
介護報酬は、利用者の「自己負担額」と「介護給付」から成り立っています。
多くの利用者の自己負担額は、介護保険サービス料全体の1割です。
残りの介護給付部分は、介護保険制度が負担していて、その財源の構成割合は、介護保険料が50%、国の負担額が25%、都道府県の負担額が12.5%、市区町村の負担額が12.5%となっています。

所得によって2割、3割の人も

介護保険制度を維持し、その公平性を確保するために、現役並みの所得がある高齢者については介護保険サービスの自己負担割合が2割に引き上げられました。
2018年8月からは、年金収入とその他の所得額の合計が340万円以上の単身世帯で自己負担額は3割負担、夫婦の場合は346万円以上で2割、463万円以上で3割負担です。

在宅(自宅)でサービスを利用する場合

在宅(自宅)でサービスを利用する場合の支給限度額
要介護度 標準的な支給限度額(月額) 金額の目安 自己負担
要支援1 5,032単位 (54,900円) 利用額の1割から3割までのいずれか
要支援2 10,531単位 (114,800円) 利用額の1割から3割までのいずれか
要介護1 16,765単位 (182,800円) 利用額の1割から3割までのいずれか
要介護2 19,705単位 (214,800円) 利用額の1割から3割までのいずれか
要介護3 27,048単位 (294,900円) 利用額の1割から3割までのいずれか
要介護4 30,938単位 (337,300円) 利用額の1割から3割までのいずれか
要介護5 36,217単位 (394,800円) 利用額の1割から3割までのいずれか